産経フォト

羽生に黄色い歓声、生「そだねー」も 帰国報告会【平昌五輪パノラマ】Vol.15

スポーツ

羽生に黄色い歓声、生「そだねー」も 帰国報告会【平昌五輪パノラマ】Vol.15

更新 pnr1802280001
羽生に黄色い歓声、生「そだねー」も 帰国報告会【平昌五輪パノラマ】Vol.15

 平昌五輪の日本選手団が27日、東京都内での解団式を終えた後、屋外スペースで開かれた帰国報告会に参加した。フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦(23)らメダリストも続々登場、集まった約5千人のファンに応援への感謝の言葉を述べた。

 冬季大会史上最多のメダル13個を獲得した日本選手団。歓声がひときわ大きくなる中、羽生は「(五輪は)人生そのもの。すべてをかけた」と66年ぶりの偉業を振り返った。

 選手団主将を務めたスピードスケート女子の小平奈緒(31)は「全員が全力を尽くし、戦い抜いた結果。皆さんの応援がこの後のパラリンピック、2020年の東京大会に届けばいい」と語った。

 カーリング女子で初の銅メダルを獲得したLS北見のメンバー5人は試合中の会話で話題となった「そだねー」を再現し、会場を沸かせた。(2018年2月27日撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング