産経フォト

摩天楼の下をクルーズ 米シカゴ【360°パノラマ】

ワールド

摩天楼の下をクルーズ 米シカゴ【360°パノラマ】

更新 pnr1712240001
摩天楼の下をクルーズ 米シカゴ【360°パノラマ】

 約270万人が暮らす米国第3の都市シカゴ。1871年、大火で街は焼け野原となった。その後、世界的な建築家が集まり腕を競い、数々の高層ビルが建てられていった。

 摩天楼は今、シカゴの重要な観光資源になっている。中心部を流れるシカゴ川を行く「建築クルーズ」では、観光客に人気だ。ビル群の谷間をガイドの解説を聞きながらゆっくり航行する。また、シカゴ・アスレチック・アソシエーションのビルなどのビルからは市民の憩いの場になっているミレニアム・パークが見下ろせる。(2017年11月11日、宮崎瑞穂撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

■関連【読んで見フォト】輝く魅惑の摩天楼 米イリノイ州・シカゴ

(取材協力・シカゴ観光局 HPはこちら) 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング