産経フォト

パズルピース【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】

伝統・文化

パズルピース【太一「諦めるほど大人じゃない」360°VR動画】

更新 pnr1711020001

 ★スマートフォンはこちらからYoutubeアプリでご覧ください★
 ★パソコンからはGoogle Chromeでご覧下さい★

 だったら同じペンで同じ画が描けるのか、ってさ。
 著名な作家が語ってくれた回想は、重い。

・情報の種類
 2017年10月10日、まだ汗滲む種子島から打ち上げられた準天頂衛星は、自動運転車の位置情報を誤差数センチに縮めた。ハリウッドの大作映画開発では、ペラ1枚の一覧表を持参した幹部スタッフたちが、サーファーに紛れてベニスビーチのテラスに集う。たったコレだけの情報も、書ける者は選ばれる。一次情報の価値が高まっている。庭木の手入れされた自宅から自社ビルとスタジオに通う生活はもう、通用しない。

・方程式
 2時間。映画の平均的な上映時間はトイレの我慢時間から算出された。台本は、1ページが1分。長くて複雑なSCRIPT(映画脚本)も1枚の用紙に収めてしまう一覧表のパラダイムはまた、15秒CM制作にも機能する。122年の映画史が生み出した共有方法と技術の洗練しかし、実写VR.映画制作ではどれ一つとして、機能しない。(文・360°VR動画 太一氏)
(撮影機材:リコー THETA S )

太一(たいち) 太一(たいち)  映画監督/脚本家。昭和46年生まれ、東京都出身。1984年、SFXアーティストとして映画業界デビュー。VFXスタジオ「A.T-ILLUSION株式会社」、映画プロダクション「EDLEAD inc.」(Los Angeles, HOLLYWOOD)のCEOを務め、60本の劇場映画、500作品の地上波メジャーCMに参画。映画プロデューサーの恵水 流生と共に2016年4月、実写VR.映画等の国際映像スタジオ「NOMA」を創設。映画、CM、MV、PVほか監督作多数。国際映像スタジオ「NOMA」株式会社EDLEAD-japan-

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング