産経フォト

断崖絶壁、稜線を歩く【360°VR動画】

自然・風景

断崖絶壁、稜線を歩く【360°VR動画】

更新 pnr1709160001

 ★スマートフォンはこちらからYoutubeアプリでご覧ください★
 ★パソコンからはGoogle Chromeでご覧下さい★

 標高3000メートルを超える北アルプス(北ア)にある「ジャンダルム」(3163メートル)。奥穂高岳の南西約400メートルにあり、仏語で「憲兵」の意味。主峰を護衛するかのようにそびえ立つ。

 崩れやすい岩場が続く縦走路にある難所で、ドーム形が特徴的な北アのシンボル的な存在だ。

 山岳事故が多く、平成21年9月には遭難者の救助に向かった岐阜県防災ヘリが濃霧の影響で墜落、乗員3人が死亡した二次災害も起きた。

 縦走路の左右は断崖絶壁で、肩幅程度しかない足場に膝が震えた。(2017年8月26日、桐山弘太撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

■関連【読んで見フォト】主峰守る難所のドーム 北アルプス・ジャンダルム

■関連【360°パノラマ】北アの憲兵「ジャンダルム」

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング