産経フォト

黄金の光、夏空照らす 秋田・竿燈まつり【360°パノラマ】

イベント・祭典

黄金の光、夏空照らす 秋田・竿燈まつり【360°パノラマ】

更新 pnr1708050001
黄金の光、夏空照らす 秋田・竿燈まつり【360°パノラマ】

 東北の代表的な夏祭りの一つである「秋田竿燈(かんとう)まつり」が3日、秋田市で開幕。ちょうちんを竹ざおにぶら下げて稲穂に見立てた竿燈が、秋田の短い夏の夜空を黄金色に染めた。

 今年は過去最多となる282本の竿燈が登場。計1万個以上のちょうちんが夜空を彩った。「大若」と呼ばれる高さ12メートル、重さ約50キロの竿燈が、手のひらや頭、肩、腰で操られるたびに、沿道からは声援が上がった。

 6日までの4日間で、例年並みの約132万人の人出が見込まれている。(2017年8月3日、桐原正道撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング