産経フォト

藤井四段が26連勝【360°パノラマ】

ニュース

藤井四段が26連勝【360°パノラマ】

更新 pnr1706160002
藤井四段が26連勝【360°パノラマ】

 デビュー以来負けなしの快進撃が続く将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は15日、大阪市の関西将棋会館で行われた名人戦順位戦C級2組の対局で、瀬川晶司五段(47)に勝ち、公式戦連勝記録を「26」に伸ばした。神谷広志八段(56)が持つ最多連勝記録「28」まであと2つに迫った。

 この日の対戦相手は、サラリーマンからプロ棋士になり話題を呼んだ瀬川五段。藤井四段にとっては初めての順位戦だったが、形勢が二転三転した激戦を制した。終局後、藤井四段は「苦しい展開で終盤にも見落としがあり、負けてしまったと思った。(28連勝も視野に入ったが)これから強敵ばかりなので、しっかりと調整して臨みたい」と話した。

 次回は17日、朝日杯将棋オープン戦予選でアマチュアの藤岡隼太さん(19)と対戦する。藤岡さんは東京大1年生で、今年の学生名人。(2017年6月15日夜、山田哲司撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング