産経フォト

豪華寝台列車「四季島」に乗ってみた【360°パノラマ】

鉄道

豪華寝台列車「四季島」に乗ってみた【360°パノラマ】

更新 pnr1704280001
豪華寝台列車「四季島」に乗ってみた【360°パノラマ】

 5月1日に運行を始めるJR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島」(10両編成、定員34人)の報道関係者向け試乗会が26日に行われ、上野-宇都宮間(約105キロ)を往復した。

 この日初めて内部が公開された展望車は4面ガラス張り。天井まで広がる大きな窓が特徴で、自然光が木漏れ日のように室内に注ぐ。ソファ席が車窓に向けられ、田園風景をくつろぎながら眺めることができる。

 ラウンジカーでは、ピアニストが生演奏を披露し、バーテンダーがオリジナルカクテルを提供。ダイニングカーでは、訪れる土地の食材を生かしたフランス料理が用意された。

 JR東日本の高橋敦司・営業部担当部長は「ご協力いただいた地域の皆さまの思いを乗せ、鉄道の新しい未来を築いていきたい」と抱負を語った。(2017年4月26日、後藤徹二撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

■関連【360°パノラマ】豪華寝台列車「トランスイート四季島」の車内 (2017年3月16日撮影)

■関連【360°VR動画】「四季島」の展望車に試乗

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング