産経フォト

水のカーテン 熊本県小国町の鍋ケ滝【360°パノラマ】

自然・風景

水のカーテン 熊本県小国町の鍋ケ滝【360°パノラマ】

更新 pnr1704160001
水のカーテン 熊本県小国町の鍋ケ滝【360°パノラマ】

 足元のぬれた岩場に気をつけながら、大きくえぐられた岩の中に入ると、流れ落ちる滝が大きなカーテンのように目の前に広がる。サーという静かな音に包まれ、水しぶきが顔を冷やし気持ち良い。

 大分県との県境に近い熊本県小国町の「鍋ケ滝(なべがたき)」は幅約20メートル、高さ約10メートルで滝裏の奥行きが約13メートルある。裏側に入れることから「裏見の滝」とも呼ばれる。約9万年前の阿蘇山大噴火の火砕流で地層の上部には固い層ができた。下部の地層はもともと柔らかく、長い年月をかた浸食でできた自然の造形美だ。(2017年3月24日、桐山弘太撮影)
(撮影機材:リコー THETA S )

関連【読んで見フォト・動画】熊本癒やす水のカーテン 小国町の「鍋ケ滝」

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング