産経フォト

雨の「斜古丹墓地」 色丹島Vol.5【北方領土360°パノラマ】

ニュース

雨の「斜古丹墓地」 色丹島Vol.5【北方領土360°パノラマ】

更新 pnr1209260001
雨の「斜古丹墓地」 色丹島Vol.5【北方領土360°パノラマ】

 今年最後の北方領土「ビザなし交流事業」(9月13日~17日)で、元島民3人含む65人の交流団とともに国後島と色丹島を訪ねた。今年から4島交流には新造船「えとぴりか」が使用され、新たな形式でのビザなし交流が始まった。

 色丹島の穴澗港から軍用車両を改装したバス2台と4輪駆動車10数台に分乗して、雨が降る中、アスファルト舗装されていない道を進む。約30分で「斜古丹墓地」に着いた。この墓地は、点在していた元島民の墓地をまとめたものだ。

 この墓標、かつては木製だったが、元島民らによって腐らないような材質で平成13年に建て替えられている。雑草はロシア人が刈っているという。周囲には、放牧している牛が入り込まないよう柵が設けられていた。

 この墓地の近くには、ロシア沿岸警備隊の基地がある。(2012年9月16日、鈴木健児撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング