産経フォト

【動画】災害現場や工場配管の点検などで活躍 ヘビ型ロボット開発 京大などの合同研究チーム

東日本大震災

【動画】災害現場や工場配管の点検などで活躍 ヘビ型ロボット開発 京大などの合同研究チーム

更新 mov1708300001
被災建築物や大規模プラント設備の調査や点検などが可能なヘビ型ロボット 配管の中を垂直に進んだり巻き付きながら登ることができる =29日午後、京都市西京区の京都大学桂キャンパス(寺口純平撮影)

 複雑に曲がりくねった配管内や災害現場のがれきの上をくねくねと動いてスムーズに点検・調査できるヘビ型ロボットを、京都大大学院の松野文俊教授(ロボット工学)らの合同研究チームが開発し29日、発表した。工場の点検作業や被災地での捜索活動などに役立つことが期待され、東京電力福島第1原発事故の廃炉作業にも役立てたいとしている。

 ロボットは全長2メートル、直径10センチ、重さ約9キロ。車輪やモーターからなるユニットが20個つながって関節ができ、それぞれが稼働することでヘビのようにしなやかに移動できる。

 音の反響で狭い空間の構造を把握するセンサーが取り付けられているため、複雑な通路でも迷子にならない。また、車輪に微妙な力加減を伝えるセンサーを搭載したことで、支柱などにまとわりつきながら垂直に上ることも可能になった。

 さらに、ロボットの先端にはカメラがあり、進んで行くにつれて配管の図面が自動的に作られ、操作画面で確認することができる。

 松野教授は「今後は防水や防塵の機能を取り入れるなどし、実用化を目指したい」と話している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング