産経フォト

【動画】藤井27連勝 歴代最多タイに「王手」

ニュース

【動画】藤井27連勝 歴代最多タイに「王手」

更新 mov1706180002
27連勝達成後、対局相手の藤岡隼太アマ(右)とともに大盤解説する藤井聡太四段 =17日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(柿平博文撮影)

 連勝記録を更新中の将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は17日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた朝日杯将棋オープン戦予選でアマチュアの藤岡隼太さん(19)に勝ち、公式戦連勝記録を「27」に更新した。神谷広志八段(56)が昭和61~62年度につくった歴代最多連勝記録「28」まであと1勝に迫った。

 対戦相手の藤岡さんは、東京大1年で今年の学生名人を獲得。プロの力を見せつけ、圧勝した藤井四段は「27連勝に)ここまで連勝できて非常に幸運だった」と話した。

 タイ記録がかかる次回の対局は21日の王将戦予選で、若手実力者の澤田真吾六段(25)と対戦する。澤田六段とは今月2日に続いて2度目の対戦で、前回は終盤に追い込まれて際どい勝利だった。「強敵の澤田先生が相手なので、気負わずに臨めれば。(最多タイ記録は)意識せず自然体で指したい」と話した。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。12月の初対局に勝利し、4月4日にはデビュー後11連勝の新記録を樹立。今月2日には歴代単独2位の25連勝をマークし、その後も勝ち続けている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング