産経フォト

【動画】ペンス米副大統領 空母ロナルド・レーガン艦上で演説

自衛隊・ミリタリー

【動画】ペンス米副大統領 空母ロナルド・レーガン艦上で演説

更新 mov1704200001
【ペンス米副大統領来日】米空母「ロナルド・レーガン」艦上でスピーチするペンス米副大統領=19日、横須賀基地(古厩正樹撮影)

 来日中のペンス米副大統領は19日、米海軍横須賀基地(神奈川県)の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で米兵と海上自衛隊員らを前に演説し、「米軍のあらゆる軍事力で日本を防衛する」と述べた。米国による日本の防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条について「尖閣諸島を含む日本の施政権下にある全ての領土に適用される」と明言し、海洋進出を強行し続ける中国を牽制した。

 ペンス氏は18日に行われた安倍晋三首相との会談でも尖閣への5条適用を伝達した。米国のトランプ大統領をはじめとする政権幹部が相次いで明言することで、尖閣防衛への決意を鮮明にした形だ。

 トランプ政権で最初に尖閣への5条適用を明言したのは、2月3日に安倍首相と会談したマティス国防長官だった。マティス氏は「尖閣諸島に対する日本の施政を損なおうとするいかなる一方的な行動にも反対する」と述べた。5条適用は同月の日米首脳会談後に発表された日米共同声明にも明記された。ティラーソン国務長官も3月16日の日米外相会談後に米国の立場を重ねて表明していた。

 ペンス氏は今月19日の演説で尖閣諸島だけでなく南シナ海についても言及し、「米国は航行と航空の自由を守る」などと強調した。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮については「アジア太平洋地域の平和と安全にとって最も危険で、差し迫った脅威だ」と指摘。その上で緊迫化する朝鮮半島情勢に関し「準備がカギだ。全ての選択肢はテーブルの上にある」と述べ、北朝鮮を強く牽制した。また、「米国は力による道を再び選択した」と語り、軍事力で対抗する姿勢を明確にした。ペンス氏は同日午後、米軍厚木基地(神奈川県)から次の訪問地、インドネシアに向かった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング