産経フォト

【動画】view 世界遺産の現役クレーン 長崎市・三菱重工長崎造船所

遺跡・建造物

【動画】view 世界遺産の現役クレーン 長崎市・三菱重工長崎造船所

更新 mov1701290001
100年以上も長崎の造船業を支えてきた世界文化遺産の「ジャイアント・カンチレバークレーン」。ライトアップされ巨大な姿が長崎港に浮かび上がった=長崎市

 夕暮れ時、高台から港を見下ろすと、鉄骨の建造物が黄色く照らし出されていた。周囲が暗くなり輪郭が浮かび上がってくると、存在感に圧倒された。

 三菱重工長崎造船所(長崎市)の「ジャイアント・カンチレバークレーン」は、長崎港のシンボルになっている。高さ61.7メートル、クレーンの腕の長さ73メートル。150トンのつり上げ能力を持つ。1世紀以上現役で稼働している日本初の大型電動クレーンだ。

 明治42(1909)年に完成。当時としては最新の英国製で、従業員の平均月収が16円の時代に28万8千円をかけて造られた。

 昭和20年、原爆投下されたが、クレーンは爆心地から直線距離で4キロ弱に位置するにもかかわらず、大きな損壊もなかった。

 現在、タービンや大型スクリューなどの船積みに利用されている。クレーン上部の操作室まで行くエレベーターは設置されておらず、244段の階段を約8分かけて上らなければならないという。

 平成27年7月、端島炭坑(軍艦島)などとともに「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。その効果もあって長崎市の同年の観光客数は過去最高の669万人を記録している。

 クレーン内部は非公開だが、港周辺を歩けばその大きさからすぐに見つけることができる。近くに住み、かつて造船業に従事していた今道勝行さん(72)は「日常の風景で世界遺産の実感はないけど、特に外国人観光客が増えた気がする。いいことだと思う」と話す。

 日本の造船業を支えてきた長寿クレーンは今後、観光業との“二刀流”で活躍を続ける。(写真報道局 桐山弘太)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング