産経フォト

ソユーズ打ち上げ 爆風でカメラも転倒【360°パノラマ動画】REUTERS

ワールド

ソユーズ打ち上げ 爆風でカメラも転倒【360°パノラマ動画】REUTERS

更新 mov1611250001

★スマートフォンはこちらからYoutubeアプリでご覧ください★
★パソコンからはGoogle Chromeでご覧下さい★

 カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地で17日、多国籍クルーがロシアのソユーズMS-03宇宙船に乗り込み、国際宇宙ステーションに向けて出発した。

 クルーの中には、ペギー・ウィットソンさん(56歳)がいた。ウィットソンさんは元NASAチーフ宇宙飛行士で、最高齢の最も経験豊富な女性宇宙飛行士でもある。6カ月後に地球に戻る頃には、ウィットソンさんの飛行時間はアメリカ宇宙飛行士の中で最も長いものになる。

 ウィットソンさんが国際宇宙ステーションに行くのは3度目だ。国際宇宙ステーションは、地球上空約420キロを飛ぶ1億ドルの研究ラボだ。(2016年11月14-17日、カザフスタン・バイコヌール宇宙基地、撮影:ロイター)

Blast off: on the launch pad with Russian rocket

A multinational crew, boards the Russian Soyuz MS-03 rocket at the Baikonur cosmodrome in Kazakhstan on November 17, 2016 and blasts off for the International Space Station.

Among the crew is 56-year old American astronaut Peggy Whitson, NASA’s former chief astronaut and the oldest and most experienced woman to fly in space. When Whitson returns to Earth in six months, she will have spent more time in orbit than any other U.S. astronaut.

It’s her third trip to the station, a $100 million research laboratory that flies about 250 miles (420 km) above Earth.

BAIKONUR COSMODROME, KAZAKHSTAN (NOVEMBER 14-17, 2016) (REUTERS)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング