産経フォト

【動画】受け継がれる江戸の伝統 木場の角乗り 東京・木場

伝統・文化

【動画】受け継がれる江戸の伝統 木場の角乗り 東京・木場

更新 mov1610180001

 東京都江東区の木場公園で「木場の角乗り」が16日、行われた。木場はかつて江戸の材木集積地であり、火事が多い江戸では材木は常に求められていた事もあって江戸の重要な施設であった。特に明暦の大火では大量の木材が木場に運び込まれた。

 「角乗り」は川並と呼ばれた木場の筏師たちが鳶口ひとつで材木を自在に操る中から生まれ、現在では伝統芸能として受け継がれてきている。

 「木場の角乗り」は30センチ四方の角材を用いるが、角材は丸太よりも扱いが難しく全国の筏師の中でも木場の川並だけと言われている。

 「角乗り」の会場は都立木場公園にある「角乗り池」と呼ばれる専用プール。 妙技を披露するのは「木場角乗り保存会」のメンバーたち。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング