産経フォト

豪州第2の都市メルボルン 歴史と現代が融合した街並み

ワールド

豪州第2の都市メルボルン 歴史と現代が融合した街並み

更新 mov1411190001
メルボルンのシンボルとも言われるフランダース・ストリート駅。後ろにそびえるのは南半球で最も高い展望台を有するユーレカスカイデッキ

 オーストラリア南東部に位置する第2の都市メルボルン。19世紀のイギリスの面影を残した歴史的建造物とファッショナブルで現代的な建物が融合した街並みに、緑豊かな公園が点在し、別名「ガーデンシティ」とも呼ばれる。イギリスの経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは2011年から4年連続1位を獲得した街だ。

 日本からは東京(成田空港)-メルボルン(タラマリン空港)を結ぶ直行便がジェットスター航空により週4便運航され、約10時間ほどで行くことができる。

 メルボルンの中心街を歩くとまず目につくのがトラムと呼ばれる路面電車だ。街中に網の目のように張り巡らされたトラムは市民の主要な足。一見最新式のバスのように見える車両や、額に入った写真がまるで車体に架けられたようなラッピングが施された車両などさまざまなトラムが行き交う。

 そんな中でもレトロな雰囲気の車両に行き先表示が「CITY CIRCLE」とあるトラムは、中心市街地の外周を巡回する無料のトラム。ありがたいことに観光客でも気軽に利用することができ、人気のトラムだ。

街のシンボル 近くで朝食を

 メルボルンのシンボル的な存在といえばフリンダース・ストリート駅。1854年に完成したオーストラリア最古の駅で、正面には13個の時計が並ぶ。時計は次の電車の発車時刻を指しており、時計の下は待ち合わせ場所としてよく利用される。改札では日本でもおなじみのICカードが利用されていた。

 かつてメルボルンではキセルが横行し路線経営を圧迫していたが、ICカードの導入で改善されたという。ホームで到着した列車から自転車を押しながら降りてくる女性に遭遇した。日本ではありえない光景だがここでは日常だという。

 駅の近くにはレーンウェイと呼ばれる石畳の小道が続く。両脇にはレストランやカフェが並び、ストリートミュージシャンが音楽を奏でているここは、まるでヨーロッパにでもいるかのような独特の雰囲気に包まれている。

 午前中にレーンウェイに行くとたくさんの人が朝食を楽しんでいた。メルボルンでは朝食ブームが起きている。物価上昇の影響で、夜の外食よりも価格を抑えられる朝の外食が流行しているのだ。

 中心街のビルの谷間では壁一面に色とりどりのスプレー缶で描かれた「落書き」が道行く人の目を奪う。メルボルンの一部地域ではこれらの落書きはアートとして認められている。壁に「TWICE」の文字をデフォルメして描いていた青年は「これまでいろんな国で1000回以上描いてきた。日本でも描いたことがあるよ」と話してくれた。(写真・文、写真報道局 三尾郁恵)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング