産経フォト

ぶらりカシャリ関門海峡 産経関西フォトウオーク特別版

ぶらりカシャリ関門海峡 産経関西フォトウオーク特別版

更新 inf1705210001
門司港のまち並みにレンズを向ける参加者ら =20日、福岡県北九州市門司区(永田直也撮影) 門司港のまち並みにレンズを向ける参加者ら =20日、福岡県北九州市門司区(永田直也撮影)

 産経新聞社写真報道局のカメラマンと撮影を楽しむ産経関西フォトウオークの特別版として20日、「関門海峡ぶらりフォトウオーク」が北九州市門司区の門司港などで開かれた。産経関西フォトウオークが関西を離れるのは初めて。

 19日夕に大阪南港からフェリーに乗船した10人の参加者は、真っ赤に染まる大阪湾の夕焼けや明石海峡大橋などの夜景を楽しみながら九州へ。20日は午前中、門司港で旧大阪商船や旧門司三井倶楽部など大正時代の風情が漂うレトロな建造物にシャッターを切った。

 対岸の山口県下関市に渡った午後からは瓦そばやふぐ料理などの名産を満喫。関門トンネル人道で北九州市に戻り、観光トロッコ列車「潮風号」で心地よい初夏の風を浴びるなど、関門海峡を堪能した。

 参加した兵庫県西宮市の寺田康介さん(26)は「いろいろな方と交流して撮影できてよかった。フェリーも初乗船で貴重な経験になった」と満足そうだった。(写真報道局 永田直也)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング