産経フォト

サッと見ニュース

伝統・文化

  • 犬のジャンボ絵馬登場 大阪・道明寺天満宮  大阪府藤井寺市の道明寺天満宮で13日、来年のえと「戌」にちなみ、ふっくらした玩具の犬と天満宮を象徴する梅の枝を手にした御所人形を描いたジャンボ絵馬が掲げられ「… 更新
  • 「ワーッハッハ」と年忘れ 山口で奇祭「笑い講」  山口県防府市台道の小俣地区に約800年前の鎌倉時代から伝わる奇祭「笑い講」が3日、頭屋(当番)の家で開かれ、「ワーッハッハ」という大きな声で1年の憂さを豪快に… 更新
  • 全国八百万の神々お迎え 島根・出雲大社  年に1度、全国から出雲大社(島根県出雲市)に集まるとされる八百万神を迎える恒例の「神迎神事」が旧暦10月10日の27日夜、同市の稲佐の浜で営まれた。 更新
  • 犬の土鈴作り最盛期 大阪・羽曳野、誉田八幡宮  安産の神様で知られる誉田八幡宮(大阪府羽曳野市)で、来年のえと「戌」にちなんだ犬の土鈴作りが最盛期を迎えている。 更新
  • 伊勢神宮でヒノキおはらい 2033年の式年遷宮で使用  伊勢神宮(三重県伊勢市)は15日、社殿を20年に1度造り替える2033年の「式年遷宮」に向け、御用材となるヒノキをおはらいし、清める神事「修祓式」を開いた。 更新
  • 烏帽子姿で「けまり」 奈良県桜井市の談山神社  紅葉の名所として知られる奈良県桜井市の談山神社で3日、「けまり祭」が優雅に催され、参拝客を楽しませた。 更新
  • 岐阜でヒノキの斧入式 伊勢神宮の式年遷宮向け  伊勢神宮(三重県伊勢市)で20年に1度、社殿を建て替える2033年の「式年遷宮」に向け、岐阜県中津川市の加子母裏木曽国有林で「斧入式」が開かれ、御用材として用… 更新
  • 勇ましく早船競漕 熊野速玉大社で御船祭  和歌山県新宮市の世界遺産・熊野速玉大社の例大祭「御船祭」の早船競漕が16日、大社近くの熊野川で行われた。雨の中、上半身裸の若者たちが「やっさ、やっさ」の掛け声… 更新
  • そろばん?  ドイツ東部ワイマールで開かれたタマネギ市。364回目になる伝統行事で、数十万人が訪れます。きれいに連なったタマネギはまるでそろばんのよう。 更新
  • 社殿創建1700年祝う 熊野那智大社で記念事業  和歌山県那智勝浦町の世界遺産、熊野那智大社で14日、社殿の創建1700年を祝う記念事業が開かれた。みこの舞や修験者が吹くほら貝などが拝殿内で披露され、参拝者ら… 更新
  • 平清盛の「血曼荼羅」公開 高野山で大宝蔵展  和歌山県高野町の高野山霊宝館は13日、「第38回大宝蔵展『高野山の名宝』平家物語の時代と高野山」の展示概要を発表した。14日から12月3日まで同館で開かれる。 更新
  • えびす様がジャンプ披露 和歌山・古沢厳島神社  高野山に近い和歌山県九度山町の古沢厳島神社で9日、えびす様がジャンプを披露するユーモラスな伝統の神事「えびすのお渡り」が奉納され、観光客らを楽しませた。 更新
  • 勝っても負けてももう一杯 高知「はし拳」選手権  向かい合って座る2人がこぶしを突き出し、それぞれの腕の下に隠されたはしの合計数を当て、負けたら杯につがれた酒を飲む高知のお座敷遊び「はし拳」の選手権が3日、高… 更新
  • 小雨の中、妙技に歓声 鎌倉・鶴岡八幡宮で流鏑馬  神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で16日、鎌倉時代から800年以上続くとされる「流鏑馬神事」が奉納された。小雨がぱらつく中、狩装束に身を包んだ射手が矢を的に命中させ… 更新
  • 暗闇に舞う炎の輪 兵庫「愛宕の火祭り」  無病息災を願って火の付いた麦わらを振り回す伝統行事「愛宕の火祭り」が27日、兵庫県豊岡市出石町で開かれた。奇祭として知られ、暗闇の中に炎の輪が幻想的に浮かび上… 更新

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング