産経フォト

火力全面復旧は11月以降 経産相、再開大幅遅れ

2018.9.11のニュース

ニュース

火力全面復旧は11月以降 経産相、再開大幅遅れ

dly1809110007

 世耕弘成経済産業相は11日の閣議後の記者会見で、地震で停止した北海道最大の火力、北海道電力苫東厚真火力発電所(厚真町)の全面復旧が11月以降になるとの見通しを明らかにした。一部再開も9月末以降となり、当初は1週間程度とされた再稼働までの時間が大幅に延びることになる。週内は2割の節電要請を続ける考えも表明した。

 全面復旧までは道内の電力需給は厳しい状況が続く可能性がある。暖房の需要が伸びる秋に向け、道内の不安は長引きそうだ。

 経産省は北海道電に対し、苫東厚真の詳細な復旧見通しを報告するよう指示。北海道電は1号機は9月末以降、2号機は10月中旬以降、4号機は11月以降の稼働となる見通しを示した。

 苫東厚真は道内全域の停電の原因となった火力。出力計165万キロワットで、地震直前は道内の電力需要の約半分を担っていた。道内は平日のピーク時に約380万キロワットの需要が見込まれる半面、現在の供給力は346万キロワットにとどまっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング