産経フォト

加藤、ラモス両氏を掲額 日本サッカー殿堂

2018.9.10のニュース

スポーツ

加藤、ラモス両氏を掲額 日本サッカー殿堂

dly1809100020

 日本サッカー協会は10日、日本サッカー殿堂入りした元日本代表の加藤久氏(62)とラモス瑠偉氏(61)、1968年メキシコ五輪銅メダルの日本代表チームの掲額式典を東京都内で開いた。

 日本がアジアで勝てなかった時代に奮闘した加藤氏は「僕らは負ける使命を負わされた世代だった。それがプロ化につながり、その後の躍進につながった」と感慨を語った。ラモス氏は「こんな日が来るとは」と声を詰まらせて喜び、現役時代ともにプレーした森保監督が率いる日本代表に「絶対にうまくいくと思う」と期待を寄せた。

 メキシコ五輪代表からは釜本邦茂氏(74)や杉山隆一氏(77)らが出席し、記念プレートを受け取った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング