産経フォト

塚本晋也監督作に温かい拍手 「斬、」公式上映 【ベネチア国際映画祭】

2018.9.8のニュース

伝統・文化

塚本晋也監督作に温かい拍手 「斬、」公式上映 【ベネチア国際映画祭】

dly1809080005

【ベネチア共同】世界三大映画祭の一つ、第75回ベネチア国際映画祭で7日(日本時間8日)、コンペティション部門に出品されている塚本晋也監督の時代劇「斬、」が公式上映され、観客から温かい拍手を受けた。

 上映後、塚本監督は「重要なテーマや今の不安など、いろんなものを映画に入れたつもりです。(観客は)真剣な表情で拍手してくれたので、それが伝わったのかなという気がしました」とほっとした様子で話した。

 「斬、」は、江戸末期の農村を舞台に、池松壮亮さん演じる浪人の心の葛藤を通し、命を奪うことの残酷さや不条理を問う。同映画祭に初参加の池松さんは「映画を崇高なものとして扱っている場との印象を受け、すごく光栄です」と語った。

 共演した蒼井優さんは同映画祭に来たことで「早く映画を撮りたいなという気持ちになりました」と笑顔を見せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング