産経フォト

女性に宛てた芭蕉の手紙 兵庫、平仮名を多用

2018.9.6のニュース

ニュース

女性に宛てた芭蕉の手紙 兵庫、平仮名を多用

dly1809060016

 兵庫県伊丹市の博物館「柿衛文庫」は6日、江戸時代の俳人松尾芭蕉(1644~94年)が晩年、女性の弟子・智月に宛てた直筆の手紙が新たに見つかったと発表した。「ぞんじまいらせそろ」という言葉遣いや平仮名を多用するなど、女性宛ての手紙の特徴が現れているという。

 既に見つかっている芭蕉の書簡約200通のうち、女性に宛てた手紙はこれまでに8通しか見つかっておらず、智月宛ては6通目。

 柿衛文庫によると、手紙は2枚で、大きさはいずれも縦約15センチ、横約36センチ。芭蕉が江戸に滞在していた元禄6(1693)年に書かれたとされる。5月21日付で智月から送られてきた手紙に対する6月22日付の返信だった。今年6月、京都市の所蔵者から情報提供があり、堀信夫神戸大名誉教授と柿衛文庫が確認した。

 柿衛文庫は10月6日~11月11日に特別展で手紙を公開する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング