産経フォト

活性化委がグラブ寄贈 U18野球

2018.9.4のニュース

スポーツ

活性化委がグラブ寄贈 U18野球

dly1809040018

 用具メーカーなどがつくる「野球・ソフトボール活性化委員会」がアジア野球連盟(BFA)を通じ、スリランカとインドネシアにグラブ22個ずつを贈った。

 青年海外協力隊員としてスリランカで活動経験があるBFAの小山克仁審判長は「向こうの子は経済的にグラブを持つなんてありえない。モチベーションが上がると思う」と話した。高知・明徳義塾に野球留学していたインドネシアのリム・アンダーセンは「グラブは高いのでうれしい。後輩にも大事に使ってもらう」と喜んだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング