産経フォト

大阪の小6男子が2連覇 奈良で金魚すくい大会

2018.8.19のニュース

イベント・祭典

大阪の小6男子が2連覇 奈良で金魚すくい大会

dly1808190011

 全国有数の金魚の産地・奈良県大和郡山市で19日、「第24回全国金魚すくい選手権大会」が開かれ、小中学生の部で、大阪市の小学6年難波大智君(11)が57匹をすくって2連覇を果たした。

 大会には約1600人が参加。小中学生と一般の個人戦、3人一組の団体戦があり、直径8センチの枠に和紙を張った「ポイ」を使い、体長4センチほどの金魚が約千匹入った水槽から3分間ですくった数を競った。

 難波君は表彰式後、「ポイを水平に保つのがこつ。なるべく小さな金魚を狙った。来年も優勝したい」と笑顔で話した。

 会場にはポイが破れて悔しがる声が響いたり、歓声が上がったり。参加者は一匹でも多くすくおうと、真剣なまなざしで元気に泳ぐ金魚を追い掛けていた。

 一般の部では奈良県大和郡山市のパート職員木村聡美さん(46)が67匹で優勝した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング