産経フォト

五輪「混雑マップ」作成へ 都と経済界、緩和へ対策

2018.8.8のニュース

ニュース

五輪「混雑マップ」作成へ 都と経済界、緩和へ対策

dly1808080016

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会中に懸念される交通混雑の緩和に向け、取り組みを進める「2020交通需要マネジメント(TDM)推進プロジェクト」の発足式が8日、東京都庁で開かれた。今後企業に参加を募る他、今年秋に大会期間中の交通状況を示す「混雑マップ」を作ることを確認した。

 都によると、マップは7月に公表された競技日程の大枠を踏まえ、日ごとの道路や駅などの混み具合を示す。担当者は「競技会場ごとの観客数など、より詳細な情報が出てきたら更新していきたい」としている。

 プロジェクトは、時差出勤で混雑を避ける「時差ビズ」や職場以外で仕事をするテレワーク、計画的な夏休み取得などの取り組みを進める参加企業を募る。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング