産経フォト

新潟のランドマーク解体へ 震災で休止、惜しむ声も

2018.7.24のニュース

ニュース

新潟のランドマーク解体へ 震災で休止、惜しむ声も

dly1807240002

 新潟市中心部に立つ高さ約100メートルの展望施設「レインボータワー」が11月に解体されることになった。2011年の東日本大震災を機に廃業が決まっていたが、その後もイベント時にライトアップされるなど地元のランドマークとして40年以上愛されてきただけに、惜しむ声も上がる。

 タワーは商業エリアの一角にあり、名前の通り青や緑、黄色などで鮮やかに塗り分けられている。2階建て60人乗りの客車が設置されており、回転しながら昇降。料金を払えば搭乗でき、360度の眺望を楽しめることから人気を博した。

 1973年の開業時は市内随一の高さを誇り、これまで延べ341万人が利用した。

 震災後は営業を休止し、耐震工事の費用が多額であることなどから翌12年に廃業が決まった。工事は8月末から始まり11月中に完了予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング