産経フォト

三菱自、衝突試験を公開 

2018.7.12のニュース

ニュース

三菱自、衝突試験を公開 

dly1807120007

 三菱自動車は12日、愛知県岡崎市の岡崎製作所に併設された技術センターで、スポーツタイプ多目的車(SUV)「エクリプス クロス」の衝突試験の様子を報道陣に公開した。今年3月、約4年ぶりに主力車種として発売した新型車の安全性能を訴えた。

 海外の厳しい安全基準に合わせるため、発売前には約200回と通常より多い安全試験を実施したという。

 報道陣が見守る中、衝突試験棟の建物内でダミー人形を運転席と助手席に乗せた車が、時速50キロでコンクリート製の壁に正面衝突した。車の前面は大破したがフロントガラスは割れず、運転席でエアバッグが作動して人形を保護した。

 担当者は「エンジンルームがつぶれても人が乗るキャビンは守れるよう設計した」と強調した。

 エクリプスは雪道や荒れた路面での走行性能を高めたのが特徴で、岡崎製作所で生産している。今後はプラグインハイブリッド車(PHV)のモデルも販売する方針だ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング