産経フォト

オスプレイ木更津に2機目 陸自駐屯地で定期整備へ

2018.6.25のニュース

自衛隊・ミリタリー

オスプレイ木更津に2機目 陸自駐屯地で定期整備へ

dly1806250006

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の輸送機オスプレイ1機が25日、定期整備拠点となっている陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に到着した。防衛省が明らかにした。木更津市によると、26日から整備開始予定。駐屯地では国内初の定期整備が昨年2月に始まっており、2機目となる。

 木更津市が防衛省北関東防衛局(さいたま市)から受けた連絡によると、26日には搭乗員を運ぶため別のオスプレイが到着し、同日中に出発する。

 SUBARU(スバル)が整備中の1機目は機体の塗り直しなどを終え、7月中旬以降に試験飛行が始まるとみられる。

 オスプレイを巡っては、陸自が導入する機体を佐賀空港(佐賀市)に配備する計画だが、陸自ヘリコプター墜落事故などを受け、地元との調整が難航。木更津駐屯地に暫定配備される見通しとなっている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング