産経フォト

小名浜港にカツオ初水揚げ 初夏の味覚到来で活気

2018.5.30のニュース

東日本大震災

小名浜港にカツオ初水揚げ 初夏の味覚到来で活気

dly1805300004

 東日本大震災の津波で被害に遭った福島県いわき市の小名浜港で30日、今シーズン初めてカツオが水揚げされた。初夏の味覚の到来に、港は活気に包まれた。

 午前7時すぎ、同市の巻き網運搬船第33寿和丸が、千葉県犬吠埼沖約400キロで取ったカツオ約1トンを水揚げした。同じ網で取れたのはビンチョウマグロがほとんどで、カツオは少なく、1匹約2キロの小、中型が中心だった。1キロ当たり550~1600円のご祝儀相場で取引された。

 船主会社の野崎太取締役(36)は「まだ群れが小さくて、まとまった水揚げはできなかったが、北上するに従って群れが大きくなるので今後に期待したい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング