産経フォト

YS11、3年ぶり飛行 能登空港で保管へ

2018.5.11のニュース

ニュース

YS11、3年ぶり飛行 能登空港で保管へ

dly1805110014

 2015年から高松空港(高松市)で保管されていた戦後初の国産旅客機YS11が11日、3年ぶりに空を飛び、能登空港(石川県輪島市)に移った。高松空港の民営化による影響で、今後は日本航空学園(山梨県甲斐市)の能登空港キャンパスに駐機する。

 YS11は06年に民間航空航路から引退した双発プロペラ機で、航空機販売会社「エアロラボインターナショナル」(大阪府八尾市)が1968年製の1機を国土交通省から落札。2015年5月から高松空港で整備を続け、唯一飛行可能な状態で残っている。

 高松空港は今年4月に民営化。航空機の発着便数を増やそうとしており、YS11が駐機していることが支障になっていた。このため、日本航空学園が能登空港キャンパスで約1年間、保管を引き受けることになった。

■関連【360°パノラマ】YS-11のコックピット (2011年10月22日撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング