産経フォト

首相、中東歴訪へ出発 和平進展に積極貢献表明

2018.4.29のニュース

ニュース

首相、中東歴訪へ出発 和平進展に積極貢献表明

dly1804290010

 安倍晋三首相は29日午後、アラブ首長国連邦(UAE)、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを歴訪するため羽田空港を政府専用機で出発した。石油資源確保に向けたエネルギー分野での協力強化や、内戦が続くシリア情勢を協議。中東和平の進展へ積極的に貢献する考えを伝える方針だ。

 首相は出発前、官邸で記者団に「中東和平に向かってイスラエル、パレスチナの双方に建設的な関与を働き掛けたい」と述べた。日本独自のパレスチナ和平支援構想「平和と繁栄の回廊」を推進する考えを強調した。

 最初の訪問国UAEでは、アブダビ首長国のムハンマド皇太子と会談し、日本企業が保有する海上油田権益の延長決定に謝意を伝達。投資協定の署名にも立ち会う。ヨルダンのアブドラ国王との会談では、シリアから逃れた難民への支援策を巡り議論する。(共同)

 パレスチナでは、自治政府のアッバス議長と会談。中東和平を巡り、当事者間の信頼醸成へ向けた対話の場の提供に意欲を示す。 イスラエルではネタニヤフ首相と会談する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング