産経フォト

CTで空の安全を強化 羽田国際線、五輪控え

2018.4.19のニュース

ニュース

CTで空の安全を強化 羽田国際線、五輪控え

dly1804190011

 羽田空港の国際線ターミナルビルで19日、コンピューター断層撮影装置(CT)を使った手荷物検査が国内で初めて本格運用された。導入を主導した国土交通省は、2020年東京五輪・パラリンピックを控え、検査精度の向上による安全強化を目指す。

 国交省によると、CTでは全方位からエックス線を手荷物に照射でき、荷物を開けて確認する手間が減らせる。これまで人の目に頼ってきた危険物かどうかの判断も自動で行う。従来はエックス線を一部の方向からしか照射できなかった。

 検査にかかる時間はこれまでより長くなるが、複数人が同時に検査レーンを利用できる「スマートレーン」と組み合わせて検査を円滑化し、利便性の向上も図る。パソコンや飲み物などの液体を手荷物から取り出すことは引き続き求める。

 国交省は従来の検査方法と比較して有用性を確認し、ほかの空港も含めて導入を拡大する方針。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング