産経フォト

折り鶴通じ五輪休戦学ぶ 東京大会、新プロジェクト

2018.4.5のニュース

ニュース

折り鶴通じ五輪休戦学ぶ 東京大会、新プロジェクト

dly1804050018

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、全国の学校などで「折り鶴」を作り、インターネット上に写真と平和を願うメッセージの投稿を呼び掛けるプロジェクトをスタートすると発表した。この取り組みを通じ、国連決議による「五輪休戦」を広く知ってもらう狙いがある。折り鶴を集め、競技会場や選手村に飾ることも検討している。

 元競泳五輪選手で国連児童基金(ユニセフ)のギリシャ難民・移民対応チーム教育専門官を務める井本直歩子さん(41)は、東京都内で行われたイベントで「子どもたちに平和を考えるきっかけにしてほしい。海外で起こっていることに関心を持ってもらいたい」と語った。

 組織委によると、五輪休戦は古代ギリシャの故事に基づいて1994年リレハンメル冬季大会から始まった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング