産経フォト

小池知事が平昌パラへ出発 バリアフリー状況など視察

2018.3.17のニュース

ニュース

小池知事が平昌パラへ出発 バリアフリー状況など視察

dly1803170006

 東京都の小池百合子知事は17日、2020年東京五輪・パラリンピックの参考とするため、平昌冬季パラリンピック視察に向けて羽田空港を出発した。2泊3日の日程で、19日午後に帰国する。

 小池氏は17日、現地で選手村を見学してバリアフリーの状況などを確認するほか、国際パラリンピック委員会のパーソンズ会長と会談する予定。

 18日はパラアイスホッケーの試合を観戦後、20年大会のPR拠点「ジャパンハウス」を訪問。閉会式にも出席する。

 小池氏は平昌五輪では「(五輪旗受け渡しなどの)役割がなく、私自身は行かない」と視察を見送ったが、一転して現地入りを決めた。

 出発前に羽田空港で取材に応じた小池氏は「平昌の現状を見ることで、東京大会の成功に結びつけられるヒントを探してきたい」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング