産経フォト

デンマークでも復興祈る 日本人音楽家ら演奏会

2018.3.12のニュース

東日本大震災

デンマークでも復興祈る 日本人音楽家ら演奏会

dly1803120008

 東日本大震災から7年となった11日、デンマークの首都コペンハーゲンで被災地支援のチャリティーコンサートが行われ、現地在住の日本人音楽家らが復興への祈りを込めて演奏した。

 企画したのはコペンハーゲン・フィルの第2バイオリン首席奏者、安井優子さん(48)=横浜市出身。ピアノ、フルートの日本人音楽家らと共に、武満徹やデンマークの著名作曲家ゲーゼらの作品を演奏し、最後に全員で復興支援ソング「花は咲く」を歌った。

 2006年からコペンハーゲンに住む安井さんは、母親が福島県会津若松市出身。被災地支援に一役買いたいと、チャリティーコンサートを度々開いてきた。

 コンサートには鈴木敏郎駐デンマーク大使も駆け付けあいさつ。岩手県北上市出身の主婦高橋文さん(39)は「遠くから年一度でも被災地のことを考えるのは大事なことだと思う」と話した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング