産経フォト

ボンベ固定せずに運搬容疑 車爆発、運転手を書類送検

2018.2.23のニュース

ニュース

ボンベ固定せずに運搬容疑 車爆発、運転手を書類送検

dly1802230006

 東京都練馬区で2017年8月、ガスボンベを積んだワゴン車が爆発、炎上する事故があり、警視庁生活環境課は23日、ボンベを固定せずに運んだなどとして高圧ガス保安法違反の疑いで、運転していた食品卸売販売会社役員の男性(42)=川崎市=を書類送検した。

 生活環境課によると、爆発は練馬区下石神井4丁目の都道で発生。ボンベ8本を積んだワゴン車が何らかの原因で爆発し、男性と助手席のアルバイトの男性(41)が顔などに軽いやけどを負った。爆発の衝撃で周辺の住宅や駐車車両のガラスが割れた。

 送検容疑は17年8月6日午後9時55分ごろ、ガスが入ったボンベ4本を固定するなど、必要な措置をせずに運んだ疑い。男性は「固定しなくても他の荷物で動かないようにすれば大丈夫だと思った」と容疑を認めている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング