産経フォト

ほのかな光、照らす雪景色 秋田で「かまくら」撮影会

2018.2.14のニュース

イベント・祭典

ほのかな光、照らす雪景色 秋田で「かまくら」撮影会

dly1802140014

 秋田県横手市で約450年続く冬の伝統行事「かまくら」が行われるのを前に14日、撮影会が開かれ、ろうそくのほのかな明かりが雪景色を照らし、訪れた人たちを魅了した。

 かまくらは高さ約3メートルで大人4、5人が入れるほどの広さ。はんてん姿の地元の子どもたちが火鉢を囲んで餅を焼く姿を、詰めかけた観光客が撮影していた。

 かまくらは水神を祭る行事で毎年2月15、16日に開催。市内に約100基のかまくらが設置され、市観光協会によると例年約30万人が訪れる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング