産経フォト

五輪視野に「ハラルずし」 福岡でムスリム向け試食会

2018.1.28のニュース

ニュース

五輪視野に「ハラルずし」 福岡でムスリム向け試食会

dly1801280016

 イスラム教の戒律に基づく「ハラル」に配慮したすしの試食会が28日、福岡市博多区のすし店「鮨なにわ」で開かれ、戒律でタブーとされるアルコールを含まない酢やしょうゆを使ったすしに、市内在住のイスラム教徒(ムスリム)らが舌鼓を打った。

 ムスリム観光客のための情報発信に取り組む福岡市の団体「フクオカ・ムスリム&ライフスタイル」が、訪日外国人が多数訪れるとみられる東京五輪・パラリンピックを前にムスリム向けの日本食のノウハウを広めるために企画した。

 「せっかく日本に来てくれたムスリムが日本伝統の食を楽しむことができる工夫をしたい」。同店店主の尾林忠雄さん(43)はこの日、アルコールを含まないしょうゆで漬け、みりんの代わりに砂糖で味を調えたサワラのづけなどのにぎりずしを振る舞った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング