産経フォト

海峡で釣り楽しむ市民たち 早朝のイスタンブール

2018.1.12のニュース

ワールド

海峡で釣り楽しむ市民たち 早朝のイスタンブール

dly1801120004

 トルコ最大都市イスタンブールでは、アジア側と欧州側(手前)を隔てるボスポラス海峡で釣りを楽しむ市民をよく見かけます。早朝、アジア側から昇る太陽の光を浴びながら、静かに水面に糸を垂れる釣り人たちの姿は印象的です。

 釣りは「娯楽」として人気が高く、多くの人はアジなどを釣って自宅に持ち帰り食材としているそうです。ただ最近は環境の変化のせいか、取れる魚の量が減ってきたという話も聞きます。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング