産経フォト

桐生「強さも示したい」 表彰式で抱負

2018.1.11のニュース

スポーツ

桐生「強さも示したい」 表彰式で抱負

dly1801110024

 陸上男子100メートルで9秒98の日本新記録をマークした桐生祥秀(東洋大)、競泳男子200メートル平泳ぎで世界新記録を出した渡辺一平(早大)ら「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の受賞者が11日、東京都内での表彰式に出席し、桐生は「タイムに加えて試合での強さも示していきたいし、200メートルにもチャレンジしたい」と抱負を語った。

 昨年12月に右足首捻挫を負ったという渡辺は「“常勝”が今年のスローガン。しっかり治して2020年東京五輪につながる1年にしたい」と気持ちを引き締めた。

 体操男子で昨年の世界選手権種目別の床運動、跳馬で金メダルの白井健三(日体大)は、団体総合3位以内で東京五輪の出場枠獲得が決まる世界選手権(10~11月・ドーハ)へ向け「団体総合でも金メダルが取れるよう頑張りたい」と力を込めた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング