産経フォト

愛知で列車テロ想定し訓練 アルカイダ機関誌に掲載

2017.12.7のニュース

ニュース

愛知で列車テロ想定し訓練 アルカイダ機関誌に掲載

dly1712070018

 名古屋鉄道と愛知県警は7日、列車内でのテロを想定した訓練を実施した。国際テロ組織アルカイダのオンライン機関誌「インスパイア」で8月、列車テロに関する記事に日本の列車の画像が掲載されたための対応。

 名鉄三河線の土橋駅付近の線路に仕掛けられた工作物で列車が脱線し、3人が負傷したとの想定で、鉄道会社の社員や県警の捜査員ら計70人が参加した。

 鉄道会社からの通報で県警や消防が負傷者を搬出すると、列車内に侵入したテロリスト4人が銃撃。県警機動隊が小銃や拳銃で応戦し制圧した。

 愛知県警は、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年東京五輪・パラリンピックを見据え、警備が手薄な「ソフトターゲット」である公共交通機関でのテロ対策を強化するとしている。

 県警の小嶋哲也警備課長は「万が一テロが発生した時に第二、第三の犯行を食い止めるべく、関係機関が連携して対処できるよう努めていただきたい」と呼び掛けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング