産経フォト

北朝鮮へ圧力継続で一致 防衛相と在韓米軍司令官

2017.11.15のニュース

ニュース

北朝鮮へ圧力継続で一致 防衛相と在韓米軍司令官

dly1711150015

 小野寺五典防衛相は15日、在韓米軍トップのブルックス司令官と防衛省で会談し、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、圧力をかけ続ける方針で一致した。安倍晋三首相とトランプ米大統領が6日の会談で圧力を最大化すると合意したのを踏まえた。ブルックス氏は「国際社会が経済制裁も含め圧力をかけることが有効に機能する」と指摘した。

 小野寺氏は会談で、米空母3隻と海上自衛隊の護衛艦が日本海で12日に実施した共同訓練について「日米の決意をより目に見える形で示す大変有効なものだ」と強調した。両国の防衛当局間の協力強化も確認した。

 会談後、朝鮮半島有事の際の在韓邦人退避が話題に上ったかとの記者団の質問に、小野寺氏は「さまざまな事態を想定し日米が連携して対応することを確認した」と述べた。

 ブルックス氏はこの後、河野太郎外相と外務省で会い、北朝鮮の脅威に日米、日米韓が連携して対応する重要性に言及した。河野氏も賛同した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング