産経フォト

3Dで操縦や整備の訓練 エアバス、日航と開発

2017.11.14のニュース

ニュース

3Dで操縦や整備の訓練 エアバス、日航と開発

dly1711140020

 欧州の航空機大手エアバスは14日、最新鋭中型機A350について、ゴーグル型端末に機内の3D(立体)映像を映し出し、パイロットや整備士が訓練できるアプリケーションを開発したと発表した。

 マイクロソフトのゴーグル型端末「ホロレンズ」の複合現実(MR)技術を利用し、開発には日航の協力を得た。機体がなくても効率的な訓練が可能になるという。

 東京都内で開いた記者会見では、エアバスの担当者が、操縦室や客室など実際と同様の3D映像を見ながら、エンジンを始動させたりドアを操作したりした。

 日航は2019年からA350を運航予定。国内に機体がまだなく、アプリケーションを訓練に活用する。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング