産経フォト

キャンパス全量自然エネに 千葉商科大、20年度目標

2017.11.14のニュース

ニュース

キャンパス全量自然エネに 千葉商科大、20年度目標

dly1711140004

 千葉商科大(千葉県市川市)は13日、2020年度までにキャンパスで使う電気やガスを100%自然エネルギーで賄うことを目指すと発表した。国内の大学でこうした目標を掲げるのは初めてだという。

 まずは18年度に、使うのと同量の電気を、大学が運営する大規模太陽光発電所(メガソーラー)で発電できるようにする。メガソーラーは県内の所有地で既に稼働しており、容量を増やす。照明を発光ダイオード(LED)に切り替えるといった省エネも進める。

 その後、ガスに頼っている冷暖房用エネルギーを太陽熱などに転換し、キャンパスの「脱化石燃料」を達成する計画。

 原科幸彦学長は東京都内で記者会見し「日本は自然エネルギーの宝庫だ。企業や自治体でも、使うエネルギーを自前でつくり出す試みが広がってほしい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング