産経フォト

イラン地震、生き埋め多数か、捜索難航 死者200人 被害拡大

2017.11.13のニュース

ニュース

イラン地震、生き埋め多数か、捜索難航 死者200人 被害拡大

dly1711130010

 イラン西部のイラク国境付近で発生した地震の被害が13日拡大し、イラン側の死者は200人、負傷者は1686人に達した。国営テレビが報じた。震源は山岳地帯で、被災地には簡素な造りの建物が多いとみられ、多数の住民ががれきの下に生き埋めになったもようだ。イラク側でも少なくとも4人が死亡した。

死傷者はさらに増える恐れ

 救助当局が生存者の捜索を急いでいるが、大規模な停電や交通事情の悪化で現地到着が遅れており、作業が難航。死傷者はさらに増える恐れがある。

 被害が特に激しいイラン西部ケルマンシャー州の副知事は国営テレビに「がれきの下にまだ住民がいる」と説明した。

 地震は12日夜(日本時間13日未明)に発生。米地質調査所(USGS)によるとマグニチュード(M)7・3で、震源はイラク北東部ハラブジャから南へ約32キロの山岳地帯、震源の深さは23・2キロだった。
↓ 関連記事
140人超死亡、千人負傷 イラン・イラク国境で地震、M7・3 多くの建物が倒壊

話題のランキング