産経フォト

米海軍、LCAC夜間訓練 西海市、協定違反と反発

2017.11.7のニュース

自衛隊・ミリタリー

米海軍、LCAC夜間訓練 西海市、協定違反と反発

dly1711070026

 在日米海軍は7日、長崎県西海市の米軍横瀬駐機場を使ったホーバークラフト型揚陸艇(LCAC)の夜間航行訓練を、騒音を理由に市が中止を求める中、実施した。市は防衛省九州防衛局と結んだ「西海市の意向を最大限尊重し、夜間、早朝の航行を行わないよう米軍と調整する」との協定に違反しているとして、防衛局に抗議する方針。

 LCAC2隻は午後5時前、大きな音を立てて横瀬駐機場から次々に沖合に出航。約1時間後の日没後に、駐機場に戻った。九州防衛局によると、訓練は8、9日にも実施される。

 九州防衛局は10月下旬、夜間航行訓練の実施を西海市に伝え、市は中止を求めていた。市の担当者は「協定が破られた形。九州防衛局にあらためて訓練をしないよう要請する」と述べた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング