産経フォト

米軍機から「火の玉」 広島県上空で複数回、火炎弾発射訓練か 

2017.10.15のニュース

ニュース

米軍機から「火の玉」 広島県上空で複数回、火炎弾発射訓練か 

dly1710150010

 広島県北広島町の上空で今月、米軍機とみられる機体から火の玉が出たとの目撃情報が住民から町役場に寄せられていたことが15日、分かった。対空ミサイルの命中を防ぐために発射する火炎弾「フレア」の訓練だった可能性があり、同町は県を通じて国に事実関係を確認する方針。

 目撃されたのは、11日午後2時半から3時ごろまでの間。同町の岩本晃臣さん(49)が撮影した映像では、ごう音とともに機体が現れ、後部からフレアとみられる火の玉二つを発射。ゆっくりと下降しながら消えていった。

 岩本さんによると、映像に収めた以外にも複数回の発射があった。「上空で米軍機が訓練することはよくあるが、今回はかなり低空だった。落ちたらどうしようと不安だった」と話した。

 北広島町の担当者は「騒音被害も寄せられており、住民に配慮した訓練をしてほしい」としている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング