産経フォト

日バチカンで平和の祈り 国交75周年記念ミサ

2017.10.12のニュース

ワールド

日バチカンで平和の祈り 国交75周年記念ミサ

dly1710120004

 日本とバチカンの国交樹立75周年を記念するミサが11日、ローマのジェズ教会で開かれ、バチカン関係者や各国外交官、在留邦人、日本からの巡礼団ら約500人が参列した。バチカンのパロリン国務長官(首相に相当)が式を執り行い、世界平和や両国の外交、友好関係の繁栄を祈った。

 パロリン氏は、九州のキリシタン大名が16世紀後半にローマ法王の元に派遣した天正遣欧少年使節や、福者に列せられたキリシタン大名の高山右近など両国の交流の歴史を振り返り、関係発展を願った。「日本は唯一の被爆国」であることにも触れ、悲惨な戦争を繰り返さないよう核兵器廃絶に向けた取り組みの必要性を説いた。

 ミサでは、サンピエトロ大聖堂の聖歌隊と参列者が東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」を合唱し、厳かな教会に被災者らを励ます歌声が響いた。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング