産経フォト

台風、17日午前に九州上陸か 列島縦断、大荒れの天気に 気象庁、警戒呼びかけ

2017.9.16のニュース

ニュース

台風、17日午前に九州上陸か 列島縦断、大荒れの天気に 気象庁、警戒呼びかけ

dly1709160013

 大型で強い台風18号は16日、東シナ海を東寄りに進んで九州に接近、17日午前には上陸する見通し。その後、中四国や近畿を暴風域に巻き込んで日本海に抜け、18日には東北や北海道に接近する可能性がある。気象庁は北海道から九州まで、広範囲で河川の増水や土砂崩れ、暴風に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、台風18号は、偏西風に乗って速度を上げながら西日本を縦断すると予想される。広範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨になるところもある。大潮の時期のため、沿岸では満潮時を中心に高潮の危険もある。

 台風の影響で本州の南にある前線の活動が活発化し、発達した雨雲が東日本から西日本に広くかかっており、宮崎県内では24時間雨量が300ミリを超えた。今後、台風を取り巻く雨雲が接近するため、雨が長時間続き土砂崩れなどの危険性がいっそう高くなる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング