産経フォト

沖縄戦跡へ「肝試し」 破壊容疑で逮捕の少年

2017.9.16のニュース

ニュース

沖縄戦跡へ「肝試し」 破壊容疑で逮捕の少年

dly1709160008

 太平洋戦争末期の沖縄戦で住民が集団自決に追い込まれた沖縄県読谷村の自然壕「チビチリガマ」が荒らされた事件で、器物損壊容疑で逮捕された県内の16~19歳の少年4人が現場に行った理由について「肝試しだった」「心霊スポットに行こうと思った」と供述していることが16日、分かった。県警は破壊した動機も捜査している。

 少年4人は、供えられた千羽鶴や平和を願う歌が書かれた看板などを壊した疑いで15日逮捕された。県警によると、10日午前にバイクで訪れ「棒で壊した」と話しているという。

 遺族会のメンバーらは16日朝からチビチリガマに集まり清掃作業をした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング